フェヴリナ/炭酸パックを実体験口コミ!シミやくすみ改善は嘘!?

効果だけどく口コミ評価が高く話題沸騰中のフェヴリナ/炭酸パックを実体験口コミ!加齢によるシミやくすみ改善は嘘!?本当!?真実はいかに!
MENU

あなたのシミはどのタイプ!?フェヴリナ炭酸パックでの種類別ケア方法!

あなたのシミはどのタイプのシミか理解していますか!?

 

「あれ!?こんなところにシミが出来ている!」
とある時鏡を見ていて急に気になりだし、シミを消そうと慌てて美白化粧品でケアを始める女性も多いようです。でも、残念なお知らせがあります。
その美白化粧品は必ず効果が出るかといえばそうでもありません。

 

大半のシミは老人性色素斑で勘違いが多いシミの種類が肝斑

シミにはいくつかの種類があり、タイプによってケアの方法が異なります。中でも、多くの女性が気にするシミは日焼けの積み重ねによってできる「老人性色素斑」と呼ばれるもの。
このシミの場合は見えるか見えないか程度のごく薄い初期段階であれば、美白化粧品を使う意味があるでしょう。ただし、はっきり完成してしまった老人性色素斑を美白化粧品で消すことは困難なのです。

 

そもそも、美白化粧品とは、メラニンを作り出すメラノサイトという細胞の働きを阻害するように出来ています。ですから、メラニンが過剰に生産されているようなときに効力を発揮するのです。多くの女性が気にする老人性色素斑というシミは紫外線でできるシミですが、これは進行したものは皮膚の構造自体が変化してしまっているため美白化粧品でメラノサイトの働きを阻害してもシミは消えないのです。

 

まずは、自分のシミの種類を知ること。そして、そのシミの種類に合わせた正しいケアの方法を知ることが第一歩です。シミの種類が自己診断できない場合は美容皮膚科で相談してみましょう。美白化粧品の効かないシミに延々と効果な化粧品を塗り続けるというもったいないことは避けてほしいのです。

 

そのシミ本当に肝斑!?

女性のシミの種類を自己診断してもらうと「肝斑」だと思い込む人が多いように思います。しかし、テレビCMや雑誌などで知り「もしかして自分も」と思うのでしょうが、肝斑とは一般に思われているほど多くないのが現状です。やはり、女性が気にするシミの大半は老人性色素斑です。ほお骨のあたりに左右対称にできるのが肝斑の特徴ですが、老人性色素斑もそのようにできることが多く混同しやすいようです。

 

シミの種類とケア方法

老人性色素斑

シミと言われるものの中でもっともポピュラーなもの。いわゆる日焼けの積み重ねによってできるシミです。主にほお骨の高い部分に1cm大くらいまでの薄い茶色の丸い色素斑ができ、次第に濃くなっていきます。何年も経つうちに大きくなったり、イボのように盛り上がってくる場合もあります。

 

ケアの方法
ごく初期の薄いものであれば美白化粧品やピーリングなどのケアも有効ですが、濃くなり輪郭がはっきりして目立ってきたものはレーザー治療でないと消せません。

 

脂漏性角化症

「老人性いぼ」とも呼ばれる脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)は、皮膚の良性腫瘍のためそのまま放置しておいても問題はありませんが、見た目の美しさという面からはとても気になるものです。手の甲のシミなどの多くはこのタイプといえるでしょう。

 

ケアの方法
皮膚構造が変化してしまっているために、美白化粧品を使っても効果はありません。レーザー治療や液体窒素による凍結療法で消せる場合もあります。

 

ソバカス(雀卵斑)

子供の頃から現れ、小さな茶色いシミが鼻を中心に左右の頬に対称に散らばります。
顔だけではなく、手や背中、肩、デコルテにもできることがあります。原因は遺伝による体質で、紫外線の影響で濃くなります。よく見るとシミの一つ一つが丸ではなく三角や四角になっているのも特徴です。

 

ケアの方法
レーザーで治療すればキレイになりますが、再発するケースも多々あるようです。皮膚構造は正常なので、理論的には美白化粧品が「効果的なはずですあ実際にはあまり効き目は良くない口コミが多いようです。

 

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着は主に、かぶれ、傷、ニキビが原因となります。
火傷や外傷による傷が完治したときに色素が沈着している場合は放置していてもすぐに消えます。厄介なのが慢性の場合で、アトピー性皮膚炎、かぶれ、ニキビなどが慢性的にできてしまい、その部位に徐々に色素沈着していき、消えないシミとなったり、2~3年と長期に渡るん場合もあります。またコットンで肌を叩いたりこすったりすることを長年続けているとほお全体にこのシミが現れる場合もあります。

 

ケアの方法
ピーリングを行うと早くとることも出来ます。同時に美白化粧品の併用もオススメです。

 

肝斑

女性ホルモンの乱れにより現れるシミ。この肝斑の大きな特徴は、左右対称にほぼ同じ形、大きさで現れることです。特にほほ骨のあたりに現れ、比較的広い範囲に、輪郭がはっきりしない形でモヤッと広がります。額や口の周辺にもできることがあります。目の周囲にはできず、色が抜けたように見えることもあります。主に更年期の女性に多いシミです。

 

ケアの方法
レーザー治療は不向き。トラネキサム酸の服用で薄くなる事が多く、ピーリング、美白化粧品も効果的です。

 

花弁性色素斑

強烈日焼けじみとも呼ばれており、強い紫外線から引き起こされます。背中から肩に出ることが多く、花弁が散ったような形をしていることからこの名がつけられました。自分からあまり見えない場所なので気づかないことも多いようです。

 

20代~30代の方に多く見られる症状で、特に色白で、日焼けをすると赤くなる肌質の方に発症することが多いようです。日焼けをしたあとすぐにできるのではなく、日焼けをして真っ赤になり、肌が炎症を起こしたあと数ヶ月ほどたってから光線性花弁状色素斑となって現れます。

 

ケアの方法
レーザー治療が確実でしょう。美白化粧品でも薄くなる可能性は十分あります。ハイドロキノン、フラーレン、ビタミンC誘導体、ルシノール、コウジ酸などが配合されている美白化粧品を選びましょう。

 

歳を重ねるごとに悩みが付きないのがシミです。
シミを改善しようと、美容外科で治療する方もいらっしゃるでしょう。しかし、シミの種類によっては美白化粧品でも改善することができます!まずは自分のシミがどの種類であるか知ってください。悩みの種になっているシミはどんな種類なのかを知ってから、ピンポイントで有効な化粧品と改善法を見つけていきましょう!

 

フェヴリナジェルパックが凄いところは10日間集中パック!加齢に伴い肌にもシミ以外に様々な悩みが出てくるでしょう。特に毛穴、たるみ、クスミ、が気にななるのは女性の性です。
半端なものは、今さら使いたくないから、フェブリナの炭酸パックでシミも怖がらずアンチエイジングしていきましょう♪


このページの先頭へ